2日目は雨

 

とりあえずブログ2日目に突入しました。

 

三日坊主になるかならないかよくわかりませんけどそのうち更新頻度は下げながらいろいろ書いていこうかなーなんて思ってます。

 

 

さて、昨日は公務員試験について筆記試験までのおおよその過程を書きました。

 

今日はどんな勉強を自分がしたか、ということと筆記試験のその後のお話をしようかなって思います。

 

 

 

ほんとは書いていこうかなって記事が少しあるのですがそれはまた今晩時間があれば書くかもしれないですし書かないかもって感じだ。

 

 

 

 

さて、公務員試験のお勉強についてなのですが具体的に自分はどういうことをしたのかをつらつら書いていこうかなって思います。

 

 

 

 

f:id:yamato-s:20161005161359p:plain

 

 

公務員試験に臨む人は一度は聞いたことがあるでしょう「スーパー過去問ゼミ」シリーズ

 

 

僕は学校の公務員講座に全くいかなかったので基本的にはこれを見て勉強しました。

 

学校とか予備校で何か配られた人がいるならそれをしてもいいかもしれませんね。

 

 

これを見て勉強したとは言ってますが、僕は民法の1,2の両方を200ページずつ読んだだけでした。

 

なぜかって????

f:id:yamato-s:20161005161812p:plain

 

 

任天堂が生んだ名作「スプラトゥーン」が僕を勉強ではなくゲームへと駆り立てたからです。

 

 

おもえばワンピースの主人公ルフィも海のロマンに惹かれ大海原に駆り立てられてましたね。

 

 

僕とルフィは同一人物なのかもしれない(´・ω・`)

 

 

 

話を戻して、ゲーム三昧の僕でしたが

 

 

 

正直マジで試験失敗しそうでした(;´Д`)

 

 

 

人生楽しむことも大事ですけど皆さんはメリハリをつけましょうね。

 

 

 

 

公務員勉強で僕がした勉強は100頁から200頁ぐらいの薄い基本的事項が書かれた参考書を憲法行政法の二つだけ読んだぐらいです。

 

 

読んだといっても1周読んだだけなのでもう全部忘れてしまいました(´・ω・`)

 

 

ただ1周読むことは短期的に見たら割と効果的デス。

 

 

※これはあくまで個人の失敗をもとにした体験談なのでこれ以上は必ずやることをお勧めします。

 

 

 

マジで紙一重でした。

こんなばくちを人生がかかっている大一番でやってしまっていいんだろうか...

 

 

 

この経験から僕はどういう風な勉強方法がいいのか考えました。

 

 

 

まず、自分が必要とする科目を早急に調べること

 

 

 

公務員試験はたくさんの科目を必要とするのですが、先に自分の必要となる試験科目は絶対調べておいた方がいいですマジで。

 

 

 

参考までに

 

<教養試験>

国語・英語・数的処理・政治経済・日本史・世界史・生物・物理・地理

 

<専門試験>

民法1・2 マクロ経済・ミクロ経済 憲法 行政法 財政学 経営学

 

以上の科目は普通の公務員試験において大体必要とされる科目なのでこれから受けようとする人は必ず勉強しておいた方がいいかなって思います。

 

 

特に専門試験においてはこれ以外の科目を使用してもいいのですが、僕があえてこの科目を推奨するのには理由があります。

 

 

それは、偏差値が異なるということがあるからです。

 

 

例えば専門試験においては実は英語を使用することができる試験(例:国税専門官)もあるのですが、英語でとった3点と経済でとった3点には大きな違いが発生するというのです。

 

その違いとは、英語でとれる3点と経済でとれる3点では価値が違うので同じ3点でも経済の3点の方が優遇されるということです。

 

 

なんでも英語と経済とでは問題の難易度が違うので経済の方が評価が高いとかそうでないとか...

 

 

 

僕も聞いた話なので本当かどうかはわかりませんがこのように同じ3点でも実は点の価値が違うということを小耳にはさんだので科目は上記に上げたものを優先した方がいいのかもしれません。

 

 

 

とりあえず僕はこの科目で勉強した方がいいんだなって思ってました。

 

 

勉強法は毎度おなじみただ繰り返し読むだけです。

 

スーパー過去問ゼミは問題も解いて回答も見たほうが定着力が違うのでぜひ問題を解いてみてください。

 

 

1日200頁でも読んだら二日で1科目終わります。

100頁でも4日で終わります。

 

専門科目は8教科ほどやればいいので、1日100頁読んだらおよそ一か月ほどですべての科目を一周できますね。

 

 

教養科目をしてもたった2カ月ほどと考えるとおぉって感じです。

 

 

 

これだけしてれば筆記試験は受かるんじゃないでしょうか。

 

 

ただ、知識を定着させた後は必ずそれがどのように出題されるかを確かめるために過去問を解いてください。むしろ過去問をすべて解くとどういう分野がよく聞かれるかすごくわかるので法律などはこちらの方がおすすめかもしれません。

 

 

とりあえず合格基準は大体6割以上なのでこれを目安に勉強しようね!

 

 

 

 

さて、なんやかんやあって筆記試験を乗り越えたら後は面接試験を乗り越えるだけです!!!

 

 

 

f:id:yamato-s:20161005164621p:plain

 

 

この話面白くないのでもう疲れて遊んでる人もいるし、僕も文章ぐだってるけどせっかくだし最後まで書きますね。

 

 

 

さて、面接についてですがどんなことが大事だと思いますか??

 

 

僕は正直に答えることだけを考えました。

 

 

え、それだけ???

 

 

はい、それだけです(´・ω・`)

 

 

僕のところでは1次面接と2次面接があったのですが、できるだけ聞かれたことについて嘘は答えないようにしました。

 

 

これはなぜかというと、どうせ嘘をついてもばれるからです(笑)

 

 

「○○を希望した理由は国益に直結する仕事に身をゆだねたいと思ったからです!!!」

 

 

 

なんか、割と胡散臭いですよね?(笑)

 

 

 

もちろん中にはそう思っている人もいるかもしれませんが、テンプレのセリフを覚えてきている人はみんなおんなじことを言うそうです。

 

 

ならば少し馬鹿っぽくても思いのままを伝えたほうがいいですよね(笑)

 

 

ちなみに僕はひまわり畑がきれいでそれを守りたいとかなんとかいった気がします

 

 

 

要は嘘偽っている自分ではなくありのままの自分を見てもらうように意識したということです。

 

もちろんたまには嘘も言いました。

でも自分という人間を評価してもらえるように根本の部分においては聞かれたことに対して素直に返してましたね。

 

 

 

あとは、聞かれたことに対して必ずその聞かれたことに合う答えを返すという「言葉のキャッチボール」を成立させることも意識しました。

 

 

当然ですが、あなたの好きなものは何ですか?と聞かれて私の名前はピーター・ラビットソンです。みたいなとんちんかんな会話をしてしまうと将来一緒に働くことに不安を抱かせてしまいますよね。

 

 

相手が何を知りたいのか、ということについてまずは自分の頭の中で考えてそれに沿った解答を心がけるようにしたらいいと思います。

 

 

 

あとは笑顔など愛想よくしたらいいんじゃないですかね(鼻ホジー)

 

 

少なくともノックが4回ということができていないだとかそういうことについてはあまり気にしなくてもいいんじゃないかって思いました。

 

 

 

あくまで個人の見解なので気になった人はいろいろ調べるといいかもしれませんね。

 

 

 

あと、集団討論が場所によっては求められるところもあるのですが、これについてはyoutubeに僕が参考にしたものがあるのでそれのリンクを載せておきます

 

 

↓↓↓

www.youtube.com

 

この動画を一度見るだけで僕的には参考になりましたね。

 

 

とりあえず要点としては

結果的に全員の意見が不満なくまとまるようにする

人の意見に反対をしてはいけない

場がスムーズに進むように積極的に

 

 

って感じですかね

 

 

二つ目の「人の意見に反対してはいけない」ということについてですが、反対してはいけないというのはその人の意見を無駄なものにしてしまう、ということで協調性がないとみられることにつながりかねないからです。

 

 

なので、個人的にはその意見を受けて必ずその意見を踏まえて妥協案に落ち着かせるようにするということをしました。

 

 

要は反対意見も貴重な意見の一つなのでそれを無駄にしないようにする努力をしましょうって感じですね。

 

 

 

こんな感じのことを意識して僕は面接を乗り切りました。

 

 

後は自分が受験するところについて少し調べるなどしたらいいかもしれませんね。

 

 

 

あくまでこれは個人の見解なので不安な人は他のところを見たほうがいいかもって感じだ。

 

 

 

 

っていうわけで、僕の長きにわたる就活体験記はココでおしまいです。

 

 

 

 

途中ダラダラ書いたとこもあるし、文章も推敲せず適当に書いたので読むことに当たってはなんだかなぁって印象を受けそうなんだけれども...

 

 

 

 

 

 

ま、いっか

 

 

 

 

 

それもまたしゅうかつだね

f:id:yamato-s:20161004215017p:plain