読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4日目の怠惰

三日坊主な僕がとうとう四日目に突入しましたよはい。

 

 

まあ日曜日辺りはパソコンいじることができないから皆勤賞は無理なんだけど、日が空きながらでも文章を考えて書く習慣をつくることができたらいいよね

 

 

 

 

さて、今日は何を書こうかって考えたんだけど今日は「イケメン芸能人」について僕が思ったことをつらつら吐き出していこうかなって。

 

 

 

イケメン芸能人って聞いてみんな誰のことを考えるかな?

そりゃまあ好みは人それぞれだから誰に聞いても同じ答えが返ってくるかっていうと違うんだろうけどまあ僕が想像するイケメン芸能人は

 

 

岡田将生錦戸亮水嶋ヒロ

 

 

あたりじゃないかなー

 

 

 

 

f:id:yamato-s:20161007214516p:plain

 

髭を生やしたら生やしたでダンディだし、髭がないとなんかヒーローっぽい感じがする水嶋ヒロ

僕は生まれ変わったら水嶋ヒロになりたいとかよく言ってる気がする。

 

 

二重だし鼻筋がしっかりしてるのかな???

 

 

f:id:yamato-s:20161007215100p:plain

 

 

ごめんいいサイズがなかった(;´Д`)

 

 

錦戸亮は一リットルの涙を見たときに衝撃をうけたレベルでイケメンだ

綺麗な女優さんとかを誰だろう?と思ってネットで調べたことはあったけど、見た瞬間にこの俳優誰だろう?って思った人は後にも先にも錦戸亮ぐらいなのかもしれない。

 

 

 

 

f:id:yamato-s:20161007215330p:plain

 

 

 

今?映画をやっている「何者」にも出演している岡田将生

個人的にはリーガルハイの時の岡田将生はあまり好きじゃなかったけど、今の何者に出てるときとか「不便な便利屋」っていうドラマに出てる時の岡田将生は大好きだ。

メガネも似合うあたり好感度高めだ

 

 

 

余談だけど、役どころによって人に好かれたりも嫌われたりもできる役者の人ってすごいよね。

 

 

 

はい、とりあえず僕がイケメンだなぁって思う三人を挙げてみた。

 

 

 

まあ僕主観だから好みに偏りがあるのはすぐわかっちゃうよね

三人とも二重だ(笑)

とりあえず顔が濃いって感じなのかな ???

 

 

 

僕もくっきり二重に生まれたかった(;´Д`)

 

 

 

何だろね、イケメンの人って何でイケメンなんだろう?と思って調べてきました。

 

 

 

イケメンの条件

1、眉毛がきりっとしている

2、横から見ても美しい

3、素肌がきれい

4、目に幅がある                    

                        参考ページ:https://welq.jp/16612

 

 

 

ほうほうなるほど???

他のページで見ると違った条件が書かれてたりもするんだけど、個人の努力でもなんとかなりそうなのは眉毛と髪型かな

 

 

とりあえず現状を知るためにまずは自分の見た目がどの程度なのか聞いてみようかな!!!

 

 

 

僕「僕はイケメンですかねぇ!!???」

 

 

 

 

f:id:yamato-s:20161007221245p:plain

 

 

 

 

(´;ω;`)<ウゥッ…

 

 

 

努力なんてしなくても天性のイケメンでありたいなと思うヤマトであった。

 

 

 

 

でもイケメンじゃなくても人生最低限の生活は送れるって考えると...

 

 

 

 

ま、いっか

 

 

 

 

それもまたマンメンミだね

 

 

f:id:yamato-s:20161004215017p:plain

 

 

 

 

 

あんまり大した記事書いてないのはネタ切れ感が否めないけど、ここから文章の展開力をあげていかないとね。

 

 

 

はい、今日の一曲

 

 

ELLEGARDEN で 「Alternative Plans」

 

youtu.be

 

 

 

エルレガーデンは2008年に活動休止しちゃったんだけどすごくみんなに愛されているアーティスト

 

 

 

初めて知ったのは「虹」っていう曲だったんだけどそこからELLEは聞き始めたかな

 

活動休止はしているけどメンバーの人は他のバンドで活動をしてたりもするのでまたELLEとして活動する日も来るのかなって

 

 

 

ちなみにNothing's Carved In Stoneっていうバンドで元ELLEの人が活動してるので気になったらこっちも聞いてみるといいかも

 

 

 

今日はここまでで

 

 

 

 

 

 

 

月曜以外も夜更かし

はい、三日坊主の三日目が来ました。

 

 

昨日書いた記事を客観的に見たけど...

 

 

改行大杉ぃ!!!

 

 

なかなか記事を書くということも難しいもんだね(´◉◞౪◟◉)

こう、文章の見え方とか文体の統一、内容のまとまりとか気にしないといけないことが多すぎてまだまだ学んでいくことになりそうって感じだ。

 

 

 

さてさて、そんな三日目の記事なんだけどちょっとね、最近僕が注目している人を中心にいろいろ書いていこうかな

 

 

 

 

f:id:yamato-s:20161006140456p:plain

 

 

たぶんほとんどの人が知ってると思うけど

マツコ・デラックス

 

 

ズバズバといろんなことに対して自分の言葉で言っていくスタイルで

いろんな人から人気あるよね

 

 

 

現在齢40歳ぐらいで司会を務めたりする番組をいくつか持っているみたいだけど

テレビに出始めたのは15年も前かららしい

僕もいつごろから人気が出始めたかまでは覚えてないけど

とりあえず人気があるって感じだ。

 

 

 

さて、なんでマツコ・デラックスについての記事を書こうかと思ったかというと

それは彼女のやさしさ思いやり・所作について少し心打たれるところがあったから(´ー`)

 

 

僕は最近時間を持て余す系ニートをしているから暇つぶしとしてお得意のyoutubeをたくさん見ているんだけれど、その中でも「月曜から夜更かし」をよく見るんだよね

 

 

 

僕普段は全くテレビ見ない人で、なんか最近メディア自体が嫌いなんだよね

 

 

 

ニュース番組も製作者の恣意によって見る人の情報操作なんて簡単にできちゃうし、バラエティ番組もやらせばっか

県民ショーなんてあれ信じてみている人どれぐらいいるんだろうって思う

深イイ話っていう番組にたまたま地元の人が出演する機会があったんだけど、ほんと嘘八百の事をやらされたって言ってた。

 

 

 

それ以来全く普通の番組とかは見なくなったんだけど、月曜から夜更かしってなんかそういうのじゃないんだよね

 

 

 

毎度毎度番組のネタにすることを考えてきているなあって思うし、見ていて発見も多い。

あとあんまりやらせ感もないし、ちゃんといろいろ調査してるなぁって所に面白みを感じる毎日だ。

 

 

 

そんな月曜から夜更かしに出ているマツコ・デラックスなんだけど、随所随所にその優しい人間性が垣間見えてるところにすごく惹かれるほんとにほんとに

 

 

人を傷つかせないような言葉遣いを咄嗟にしたり、その人をいじるにしてもケアが伴っているっていうのかな

こういうことがさらっとできる人は人にも好かれるんだろうなって思った。

 

 

 

おかま?の人とかが人気な理由もここにあるんじゃないかな

やっぱり一般的に男性なら男らしい言動、女性なら女性らしい言動をとることが普通とされる社会だからある程度の辛い思いをしてきたはず

そういった経験があるからいろんな人に合わせて優しい対応が自然とできるんじゃないかな。

 

 

 

僕はゲームのアカウントを通していろんな人と触れ合い、かかわりあってきた。

有名人の信者、普通の男子高校生・女子高生

ネットだからできた関わり

 

 

 

ほんとにいろんな人を見ていろんなことを考えさせられた。

すごく自分に対してネガティブな人

無意識のうちに他人を傷つけそれを気にもしない人

 

 

ネガティブなことなんて考えても人生得にはならないと思っているから

どんな人が、どんな感じが人に好かれるのだろうかって考えてみた。

 

 

 

まずは、マツコみたいに他人に対して自然とその人に合った優しい思いやりある人

 

 

現実世界の不平不満なんて誰にでもあると思う。

でもそれに対して苦しんでいる人を自然と励まして挙げれる人はやっぱり人として魅力的だなって印象だ。

 

 

 

次に、自分のことを嘘偽りなく表現できる人

 

 

やっぱり嘘とかをたくさんついたりする人よりかは自分を等身大で表現している人の方が接しやすいって感じだ。

ちなみに僕は嘘なんて人生生まれてから一度も付いたことがない!!!

 

 

 

 

 

f:id:yamato-s:20161006221257p:plain

 

 

はい嘘です僕の人生は並み以上に嘘偽りにまみれてます(´◉◞౪◟◉)

 

 

最後に、ユーモアのあるひと

 

ユーモアのある人って見てて楽しいよね

僕も見習いたいけどそういうセンスは皆無だから身に着ける努力をするならたぶん何十年とかかりそうだ(;´Д`)

 

 

 

あんまし僕もどういう人が人気あるとかわかんないし、どんな人でも必ずと言っていいほどその人に対するアンチは存在する。

でもまあできるだけなら他人が付いてきたいと思えるような立派な人間になりたいよね。

 

 

 

今の僕がマツコのような人間性を身につけれるようにこれから人間性について磨いていきたい所存だ。

 

 

 

ほんとは文化人類学上のお話とかもしたかったんだけど文章に相変わらずまとまりがない気がするからこんなもんだ。

 

 

 

 

 

 

ま、いっか

 

 

 

 

それもまたデラックスだね

f:id:yamato-s:20161004215017p:plain

 

 

 

 

 

 

今日からせっかくだし僕のよく聞いている作業用音楽を紹介して以降かなって思うんご

 

 

 

記念すべき第一曲目は

 

 

 

 

 

UNCHAIN で  「make it glow」

youtu.be

 

UNCHAINは最近?までは全部英語歌詞で曲を作ってたんだけど、聞く人により伝わりやすいようにって最近日本語で曲を作っているアーティスト

なのでこの曲も同様に昔の曲はほとんど英語歌詞で何を言ってるかわかりません(笑)

 

ただ最初はその雰囲気が好きで聞いていたんだけど、歌詞の意味とかも調べるとおぉってなったのでまたぜひ興味があれば調べてみてください。

 

他の有名なアーティストが歌っている曲とかをカバーしてたりするのでそういうのを原曲と比べ合わせながら聞いてみると面白いかもしれないね。

 

 

 

 

きょうはここまで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目は雨

 

とりあえずブログ2日目に突入しました。

 

三日坊主になるかならないかよくわかりませんけどそのうち更新頻度は下げながらいろいろ書いていこうかなーなんて思ってます。

 

 

さて、昨日は公務員試験について筆記試験までのおおよその過程を書きました。

 

今日はどんな勉強を自分がしたか、ということと筆記試験のその後のお話をしようかなって思います。

 

 

 

ほんとは書いていこうかなって記事が少しあるのですがそれはまた今晩時間があれば書くかもしれないですし書かないかもって感じだ。

 

 

 

 

さて、公務員試験のお勉強についてなのですが具体的に自分はどういうことをしたのかをつらつら書いていこうかなって思います。

 

 

 

 

f:id:yamato-s:20161005161359p:plain

 

 

公務員試験に臨む人は一度は聞いたことがあるでしょう「スーパー過去問ゼミ」シリーズ

 

 

僕は学校の公務員講座に全くいかなかったので基本的にはこれを見て勉強しました。

 

学校とか予備校で何か配られた人がいるならそれをしてもいいかもしれませんね。

 

 

これを見て勉強したとは言ってますが、僕は民法の1,2の両方を200ページずつ読んだだけでした。

 

なぜかって????

f:id:yamato-s:20161005161812p:plain

 

 

任天堂が生んだ名作「スプラトゥーン」が僕を勉強ではなくゲームへと駆り立てたからです。

 

 

おもえばワンピースの主人公ルフィも海のロマンに惹かれ大海原に駆り立てられてましたね。

 

 

僕とルフィは同一人物なのかもしれない(´・ω・`)

 

 

 

話を戻して、ゲーム三昧の僕でしたが

 

 

 

正直マジで試験失敗しそうでした(;´Д`)

 

 

 

人生楽しむことも大事ですけど皆さんはメリハリをつけましょうね。

 

 

 

 

公務員勉強で僕がした勉強は100頁から200頁ぐらいの薄い基本的事項が書かれた参考書を憲法行政法の二つだけ読んだぐらいです。

 

 

読んだといっても1周読んだだけなのでもう全部忘れてしまいました(´・ω・`)

 

 

ただ1周読むことは短期的に見たら割と効果的デス。

 

 

※これはあくまで個人の失敗をもとにした体験談なのでこれ以上は必ずやることをお勧めします。

 

 

 

マジで紙一重でした。

こんなばくちを人生がかかっている大一番でやってしまっていいんだろうか...

 

 

 

この経験から僕はどういう風な勉強方法がいいのか考えました。

 

 

 

まず、自分が必要とする科目を早急に調べること

 

 

 

公務員試験はたくさんの科目を必要とするのですが、先に自分の必要となる試験科目は絶対調べておいた方がいいですマジで。

 

 

 

参考までに

 

<教養試験>

国語・英語・数的処理・政治経済・日本史・世界史・生物・物理・地理

 

<専門試験>

民法1・2 マクロ経済・ミクロ経済 憲法 行政法 財政学 経営学

 

以上の科目は普通の公務員試験において大体必要とされる科目なのでこれから受けようとする人は必ず勉強しておいた方がいいかなって思います。

 

 

特に専門試験においてはこれ以外の科目を使用してもいいのですが、僕があえてこの科目を推奨するのには理由があります。

 

 

それは、偏差値が異なるということがあるからです。

 

 

例えば専門試験においては実は英語を使用することができる試験(例:国税専門官)もあるのですが、英語でとった3点と経済でとった3点には大きな違いが発生するというのです。

 

その違いとは、英語でとれる3点と経済でとれる3点では価値が違うので同じ3点でも経済の3点の方が優遇されるということです。

 

 

なんでも英語と経済とでは問題の難易度が違うので経済の方が評価が高いとかそうでないとか...

 

 

 

僕も聞いた話なので本当かどうかはわかりませんがこのように同じ3点でも実は点の価値が違うということを小耳にはさんだので科目は上記に上げたものを優先した方がいいのかもしれません。

 

 

 

とりあえず僕はこの科目で勉強した方がいいんだなって思ってました。

 

 

勉強法は毎度おなじみただ繰り返し読むだけです。

 

スーパー過去問ゼミは問題も解いて回答も見たほうが定着力が違うのでぜひ問題を解いてみてください。

 

 

1日200頁でも読んだら二日で1科目終わります。

100頁でも4日で終わります。

 

専門科目は8教科ほどやればいいので、1日100頁読んだらおよそ一か月ほどですべての科目を一周できますね。

 

 

教養科目をしてもたった2カ月ほどと考えるとおぉって感じです。

 

 

 

これだけしてれば筆記試験は受かるんじゃないでしょうか。

 

 

ただ、知識を定着させた後は必ずそれがどのように出題されるかを確かめるために過去問を解いてください。むしろ過去問をすべて解くとどういう分野がよく聞かれるかすごくわかるので法律などはこちらの方がおすすめかもしれません。

 

 

とりあえず合格基準は大体6割以上なのでこれを目安に勉強しようね!

 

 

 

 

さて、なんやかんやあって筆記試験を乗り越えたら後は面接試験を乗り越えるだけです!!!

 

 

 

f:id:yamato-s:20161005164621p:plain

 

 

この話面白くないのでもう疲れて遊んでる人もいるし、僕も文章ぐだってるけどせっかくだし最後まで書きますね。

 

 

 

さて、面接についてですがどんなことが大事だと思いますか??

 

 

僕は正直に答えることだけを考えました。

 

 

え、それだけ???

 

 

はい、それだけです(´・ω・`)

 

 

僕のところでは1次面接と2次面接があったのですが、できるだけ聞かれたことについて嘘は答えないようにしました。

 

 

これはなぜかというと、どうせ嘘をついてもばれるからです(笑)

 

 

「○○を希望した理由は国益に直結する仕事に身をゆだねたいと思ったからです!!!」

 

 

 

なんか、割と胡散臭いですよね?(笑)

 

 

 

もちろん中にはそう思っている人もいるかもしれませんが、テンプレのセリフを覚えてきている人はみんなおんなじことを言うそうです。

 

 

ならば少し馬鹿っぽくても思いのままを伝えたほうがいいですよね(笑)

 

 

ちなみに僕はひまわり畑がきれいでそれを守りたいとかなんとかいった気がします

 

 

 

要は嘘偽っている自分ではなくありのままの自分を見てもらうように意識したということです。

 

もちろんたまには嘘も言いました。

でも自分という人間を評価してもらえるように根本の部分においては聞かれたことに対して素直に返してましたね。

 

 

 

あとは、聞かれたことに対して必ずその聞かれたことに合う答えを返すという「言葉のキャッチボール」を成立させることも意識しました。

 

 

当然ですが、あなたの好きなものは何ですか?と聞かれて私の名前はピーター・ラビットソンです。みたいなとんちんかんな会話をしてしまうと将来一緒に働くことに不安を抱かせてしまいますよね。

 

 

相手が何を知りたいのか、ということについてまずは自分の頭の中で考えてそれに沿った解答を心がけるようにしたらいいと思います。

 

 

 

あとは笑顔など愛想よくしたらいいんじゃないですかね(鼻ホジー)

 

 

少なくともノックが4回ということができていないだとかそういうことについてはあまり気にしなくてもいいんじゃないかって思いました。

 

 

 

あくまで個人の見解なので気になった人はいろいろ調べるといいかもしれませんね。

 

 

 

あと、集団討論が場所によっては求められるところもあるのですが、これについてはyoutubeに僕が参考にしたものがあるのでそれのリンクを載せておきます

 

 

↓↓↓

www.youtube.com

 

この動画を一度見るだけで僕的には参考になりましたね。

 

 

とりあえず要点としては

結果的に全員の意見が不満なくまとまるようにする

人の意見に反対をしてはいけない

場がスムーズに進むように積極的に

 

 

って感じですかね

 

 

二つ目の「人の意見に反対してはいけない」ということについてですが、反対してはいけないというのはその人の意見を無駄なものにしてしまう、ということで協調性がないとみられることにつながりかねないからです。

 

 

なので、個人的にはその意見を受けて必ずその意見を踏まえて妥協案に落ち着かせるようにするということをしました。

 

 

要は反対意見も貴重な意見の一つなのでそれを無駄にしないようにする努力をしましょうって感じですね。

 

 

 

こんな感じのことを意識して僕は面接を乗り切りました。

 

 

後は自分が受験するところについて少し調べるなどしたらいいかもしれませんね。

 

 

 

あくまでこれは個人の見解なので不安な人は他のところを見たほうがいいかもって感じだ。

 

 

 

 

っていうわけで、僕の長きにわたる就活体験記はココでおしまいです。

 

 

 

 

途中ダラダラ書いたとこもあるし、文章も推敲せず適当に書いたので読むことに当たってはなんだかなぁって印象を受けそうなんだけれども...

 

 

 

 

 

 

ま、いっか

 

 

 

 

 

それもまたしゅうかつだね

f:id:yamato-s:20161004215017p:plain

 

 

 

 

就活はマンメンミだね

昔から日記を書こうとしても3日でその道とだえる僕であったが(そもそも3日も持たない)、タイピングのスピードと正確さの向上のためにブログというものを書き始めようかなと思う。

 

 

最もブログを書こうと思ったのは、僕の友人が面白い記事を書いていて自分も似たようなことをしてみたいと考えたからなのだが、まずはその友人のスタイルも学びつつ自分なりのスタイルを作ることから始めようかなおっぱい

 

 

最初の記事に何を書こうかとすごく悩んだけど今後他人に伝えるためにも僕の就活体験記をここに記そうかな。

 

 

f:id:yamato-s:20161004210204j:plain

 

博士も眠いだろうけど頑張って聞いてね!

 

 

 

まず大学生の就活は主に2パターン存在するって言われてる。

 

 

一つは一般企業にエントリーシートなるものを提出したり、たくさんの面接を経てその会社の利益を上げるために働く「一般企業就職」

 

こちらは様々な魅力あふれる企業の中から自分に合った仕事、自分のしたい職種を探して勤めることができる点が僕的には魅力的なんじゃないかなぁと思う。

 

実際には自分の興味のないような職種、聞いたことのないような企業においても世界的には多くのシェアを獲得していたり労働形態が他の企業に比べて特異な企業も少なからずあるため選んだり探したりするのは大変だけど、お金ももらえて自分の望んだ仕事ができるなんて願ったりかなったりって感じだ。

 

 

f:id:yamato-s:20161004211430j:plain

 

頑張るぞいでおなじみの青葉ちゃんも自分の夢であるゲーム会社で働いてるよね。

 

 

 

もう一つは安定志向であるといわれている「公務員就職」である。

 

 

 

こちらの方は合格に至るために面接だけではなく1次試験に存在している筆記試験も合格しないといけないから、企業に就職するよりも前準備が必要なんだなって感じだ。

 

 

こちらのメリットは、公務員は国の運営にかかわる仕事を担っていくわけだから自分の働きが国の利益に直接つながる。

つまり自分の働き次第でこの国をよくすることが可能といっても過言ではないから割とやりがいを感じやすいのではないかなーって思う。

 

 

公務員といってもその種類はとても多くて、テロを防いだりする「公安調査庁」や裁判所で事務作業を行う「裁判所事務官」など一概に同じような内容の仕事をするわけではない。

 

 

代表的なものに「国税専門官」が存在するんだけれど、<マルサの女>っていう映画を見てもらえればどんなことをするのかがわかりやすいんじゃないかなってばっちゃが言ってた

 

 

 

 

f:id:yamato-s:20161004212839p:plain

 

 

ほんとは仕事なんかしないでうまるちゃんみたいに遊んだりごろごろしてたい願望もあるけどそれは大学生のうちにしとかなきゃね(´◉◞౪◟◉)

 

 

 

さて、どちらの道に行くのが正解というかというと当たり前の話だけども個人の勝手だよね。

 

 

 

もちろん就活をしないで職人の道に進むという選択肢をとることだって魅力的であるし、自分のやりたいようなことをするのが最もいいんじゃないかって思う。

 

 

 

 

ここでは僕の選んだ公務員の道について、その合格までのスケジュールをちょっとおさらいしてみようかな

 

 

 

大体の公務員の試験は4年生の5月から7月にかけて筆記試験が行われる。

 

 

だから勉強は一年前から始めるとほとんどといっていいほど試験には合格するんじゃないかな。

 

 

 

僕は法律を学んでいたからもう少し遅くから始めても間に合ったし、法律や経済を学ばない文学部の人たちは少し早めに準備することで十分試験に間に合わせることができる。

 

 

 

僕らが推奨されていた勉強スケジュールは年内に教養科目をひととおり目を通しておいて、できれば専門科目の中でも民法憲法、ミクロ経済、マクロ経済もやっておくというものだったかな

 

 

教養科目は特に高校の勉強内容と被る点が多いから点が取りやすい。だから最初の方はこちらに重点をおくのもいいかもしれない

 

 

でも僕的には教養科目よりも専門科目を早い段階からいろいろ抑えておいた方がいいなって試験すべて終わってから思いました(遅い)

 

 

理由は簡単で、教養科目は高校の範囲とも被るし学んだことのない分野でも思ったより所見でわかるような問題が出たりするからある程度の点数は保障されるからである。

 

 

 

対して専門科目は学ぶ量も多いゆえに大体の人が学んだことのないようなことを覚えさせられるので知識の習得に時間がかかる。

逆に言えば伸びしろがあるのもこちらの方だと思うのでもしこの記事を読んだ人がいれば僕の経験もなるほど?ぐらいにとらえてもらうとありがたいかな(´・ω・`)

 

 

 

年が明けたら教養試験の過去問演習をしたらいいかな。

時間配分を調整することや問題の傾向をつかむことに役に立つから自分のペースを確立できるんじゃないかなって感じだ

 

 

 

そして何やかんやあって5月に筆記試験が始まる。

 

ほんとに思ったより筆記試験は準備した人なら問題ないと思うってのが僕の経験である。(僕の勉強開始時期は6月の半ばでほとんどの試験が終わりそうな時期だったけど何とかなりました)

 

 

 

問題は筆記試験の後に待ち受けている面接なんだけれどこれについてはまた明日にでも書こうかなって思います。

 

 

 

 

 

なんかグダグダになってしまったけど僕の言いたいことは今をポジティブに楽しもうってことだ。

 

 

 

 

やっぱり最初のブログだからまとまりもないしわけのわからない自分語りだったけど

 

 

 

 

 

 

ま、いっか

 

 

 

 

 

それもまたマンメンミだね

f:id:yamato-s:20161004215017p:plain